版画家 原健太郎

私は大学で版画を学んだ後、実家にて陶芸家の父から陶芸を学びました。
焼成の偶然性を利用した窯変釉の作品について深く知っていく中で、その自由で広がりのある色合いや釉薬の流れに興味を持ちました。好んで制作していたのは一点物の陶板です。それがきっかけとなり、同じく一点物であるとともに、色と形の偶然性を用いて表現する、モノタイプによる版画制作を始めました。現在、東京都青梅市の版画工房「モノプレス」にてモノタイプを制作しています。

様々な色や形をのせた版を転写すること、焼成によって釉薬を化学変化させること、これらは意図的な方法ではありますが、自分の想像を超えた新たな世界を生み出す可能性も秘めています。この一期一会のような感覚を、この先も楽しみながら表現していきたいと感じています。

モノタイプ(monotype)

版画技法の一種。版に直接インクや絵の具で絵を描き、紙などに刷り上げて作る。イメージを紙へ転写するので版画技法であるが、複数枚刷ることができる版画とは違って、一つの版から一作品しか作れないため、モノタイプと言われている。

*

略歴

1977年
3月3日生まれ 熊本県出身 陶芸家の長男として生まれる
1999〜00年
米国・モンタナ大学にて美術科版画専攻の教授アシスタントとなる
2000年
米国・モンタナ大学芸術学部美術科版画専攻卒業
2001年
熊本県宇城市の実家「構成窯」にて陶芸を学ぶ
2016年
東京都青梅市に移住
2017年
東京都青梅市さくらファクトリーに版画工房を構える

経歴

2001年
米国・モンタナ州 ヘレナ空港に木版画「私の知る場所」が熊本県より寄贈される
2002年
米国・ニューヨーク アートスチューデントリーグにて版画(モノタイプ)制作する
米国・ニューヨーク グリニッチ ハウス ポッテリーにて陶芸研修、ワークショップに参加する
2008年
版画と日本舞踊のコラボレーション、舞台を演出する
2009年
NHK熊本 くまもとの風「玄海発見伝 版画家 原健太郎」に出演
2010年
陶器・陶板・版画展「The Beat of The Earth ~地球の鼓動~」(阿蘇白水郷美術館)にて
ドラム、オーストラリア原住民の民族楽器・ディジュリドゥとの即興版画制作のコラボライブを開催

展歴

2001年
熊本県立美術館分館にて「私の夢の夢」木版画展を行う
2002年
ゲール マーティン ファインアート(ニューヨーク)にてグループ展を行う
2005年
香港フリンジクラブにて「日港交流年2005年」に一環としてモノタイプ・陶板「アジアの密度」展を行う
2009年
ANA 熊本全日空ホテル ニュースカイのロビーに版画を展示
2010年
阿蘇白水郷美術館(熊本県南阿蘇)にて「The Beat of The Earth ~地球の鼓動~」陶器・陶板・版画展を開催
2012年
アーデルハウス(熊本県嘉島町)にて版画と陶展「6つの季節」を開催
2013年
木斛邸(熊本市東区)にて、陶器・版画展「Walking in the Forest 杜の古道」を開催

入選・受賞歴

2002年
九州電力若手工芸家国内外派遣研修制度の奨学金を得る
第20回プレイディアス現代アート展(ニューヨーク)で陶板「花櫻」入選
2017年
東京都青梅市立美術館主催 ビエンナーレOMEにて版画「The Beginning of start」入選
*

Profile

After learning printmaking at the University of Montana, I learned ceramics from my father, a master potter. The firing process has a serendipitous and unpredictable nature. As I learned this deeply I became interested in the enormous range of color and flow of the glaze.

Finding inspiration from the wall slabs which I worked on, I began to make monotypes. Monotypes, like the glazing and firing process, is a method of art making which benefits from serendipitous form and color.

Currently, I’m creating monotypes at my printmaking studio in Ome, Tokyo.

The method of transferring a monotype, as well as making the chemistry of a glaze through firing, are both intentional, but they have a possibility to create something new and beyond the imagination.

I cherish the sense of amazement I feel every time I find this serendipitous beauty and I will continue expressing with this joy.

Monotype

Monotype is a method of printmaking where printing ink or oil paint is applied directly to a matrix, usually acrylic, glass, or metal, and then transferred to a surface, usually paper.

Unlike other types of prints, due to the nature of the monotype process, only one print can be made from each artwork, so each monotype is a unique piece of art.

Biography

1977
Born as the eldest son of the ceramist Kohsei Hara, Kumamoto, Japan.
Currently: lives and works in Ome Tokyo, Japan
1999~00
Teaching assistant in printmaking at The University of Montana
2000
Received B.A. in fine art with an emphasis in printmaking from The University of Montana, USA
2001
Started studying ceramics under Kohsei Hara Uki, Kumamoto, Japan

Chronology

2001
Donated woodcut print “The Place that I know” to Helena Airport, Montana, the USA from the Kumamoto prefectural government office
2002
Printed monotypes, Art Students League of New York, New York, NY
Attended the Greenwich House Pottery workshop, Greenwich House Pottery, New York, NY
2008
Print collaboration with Japanese dancer. Stage Director. Kumamoto, Japan
2009
The Wind of Kumamoto “Genkai hakkennden” : NHK Kumamoto TV show
2010
“The Beat of The Earth” Woodcut print live performance collaboration with musicians (drum and didgeridoo). Aso Hakusuigo Art Museum, Kumamoto, Japan

Exhibition

2001
“Dreaming of my Dream” Woodcut prints solo exhibition: Kumamoto Prefectural Art Museum Chibajo Branch, Kumamoto Japan
2002
Group Exhibition: Gale Martin Fine art gallery, New York, NY
2005
“Asia Density” monotypes and ceramics solo exhibition as a part of Japan-Hong Kong Year 2005 Fringe Club, Hong Kong
2009
Displayed monotypes in the lobby of the ANA Kumamoto Hotel
2010
“The Beat of the Earth” ceramics and prints solo exhibition: Aso Hakusuigo Art Museum, Kumamoto, Japan
2012
“Six Seasons” ceramics and prints solo exhibition:Adel House gallery, Kumamoto, Japan
2013
“Walking in the Forest” ceramics and prints solo exhibition:Mokkoku-tei gallery, Kumamoto, Japan

Awards

2002
Awarded the “Young Craft Man” grant from Kyushu-Electric Power Company, Japanese Domestic and Foreign Study Program
20th Annual Juried show: Ceramic “Cherry blossom” Pleiades gallery New York, NY
2017
2017 Biennale Ome: Monotype “The Beginning of start” Ome Art Museum, Ome, Tokyo